ページ

2012年10月23日火曜日

hontoはホントに素晴らしい (下)


前回からの続き。
hontoにはamazonにはない、嬉しいサービスがある。
それは主にポイントサービスなのだが、ここにミソがある。


リアル書店のいいところ


近所に丸善ができて、それは大層ありがたいと思ってる。
なにせ蔵書の種類と数が豊富で、今まではネットでしか手に入らないと諦めていた本や雑誌が
手にとって見られることに劇的な差を感じる。

リアル書店には、それはそれで色々と課題があろうけど
  • 実物を手にとって、ざっと見てから買える
  • 興味があるけど知らなかった本を見つける
  • 普段は目にしないであろう本と出会える
というあたりは、ネット販売では味わえないところでしょう。

丸善も当然サイトがあるし、注文もできて、本を店舗受け取りできる。
店舗に在庫があれば、そのまま取り置いておいてくれるのが大変便利で、
買い物に出たついでとかに受け取れたり、宅配よりも早く手に入れられることがある。


ネットとリアルの融合ポイントシステム


こうして、ネットの利点を生かした書籍販売(honto)と
ネットでは出来ない購入体験ができる書籍販売(丸善・ジュンク)が
hontoポイントとして繋がり、ネットとリアルの境界のないポイントシステムができている。

ネットとリアルで互いに足りない部分を補い、その糊にとしてのポイントシステムは
ヤマダ電機やエディオンなどの家電量販店では一般的にやっていることですが
本は定価売りで安価なので、家電製品と比べて値引き交渉や実物比較などの点で
ネット購入の閾値はかなり低いと考えられる。

そんな中でリアル書店の意義を見出している人や、再確認した人にとって
あと一歩の満足を与えてくれるのが、このhontoポイントだと思う。


いささか大上段だろうか?