ページ

2014年5月10日土曜日

iPhone 6 が夏に発売のようですが

GIZMODE この薄さ信じられる? iPhone 6らしきモックアップとiPhone 5sを比較した画像が流出
http://www.gizmodo.jp/2014/05/iphone_6_iphone_5s.html



各種モックアップ画像などがスッパ抜かれていますが
自分は液晶サイズアップや薄くなることに対して、肯定的には見ていません。

大型化は手に収まりにくくなりますし、薄くなることでさらに握りにくくなる恐れがあります。
Xperiaを持ってる友人 -- 彼はタッパもあって大きいんですが -- も同じ意見。
大型&薄いXperiaは持ちにくいようです。

筐体デザインとしては、iPhoneよりもiPod touchの方が美しいと思っていて、
iPhoneは電話であるために避けられない(ある程度)妥協されたデザインではないかと思っています。
その意味では、薄型化は進化の方向として正しいのかもしれませんが、
手に持った時の感覚や操作性などが無視されてはいまいか、素人なりに心配なのです。

もう一つの心配は、この素人でも想像できる進化の方向は、果たしてAppleに利をもたらすのか、ということ。
常にデザインで他社をリードしてきたAppleですが、
その意味で今出回っているiPhone6のデザインは余りに普通に感じてしまいます。
そこに投入される技術は素晴らしいものであることは疑いませんが
みんながAppleに求めていることは、そこではないはず。

じゃあ、自分のPCをWindowsやLinuxに戻すか?と言われれば、そうでもなく。
Androidケータイにするか、と言われれば、そうでもない。
まだAppleを選びたい理由があるのは確かなのですが。

Appleのピークはすでに過ぎていないか。

そう感じるのは自分だけでしょうか。
取り越し苦労であったと思わせてもらいたい。