ページ

2015年8月30日日曜日

エヴァンゲリオン展に行ってきたよ

ちぃと前に「行かなきゃ」って言ってエヴァンゲリオン展に行ってきました。

長野市は水野美術館

日本庭園もきれいですばらしい。
このようなイベントがなければ、一生縁がなかっただろうな(笑)



普段は日本画を展示しているとのことですが、会期中は日本画の展示は一切なしでエヴァ一色。
だから来場者は100%エヴァ展を観に来ていると分かるんだが、ちっちゃいお子様が「アスカだー」って言ってたり、大きいお友だちが食い入るように原画(基本複製)を観てたり、おじいちゃんがいたり、美大生っぽい風体の若者がいたり、老若男女様々でファン層の厚さを感じました。


展示室は撮影禁止だったから写真がないんだが、順路通りに観て行くと、アニメーションの作り方(脚本〜コンテ〜原画〜...)が分かる仕組みになってた。
新劇場版第八使徒サハクィエルが大気圏外からアプローチしていって、最後エヴァ3機が受け止めて倒すまで順を追って観ていったんだが、アニメーションを作るのはかくも大変な作業かと改めて感じさせられました。
何度も何度も同じ絵を描いて、直して、ホント大変な作業。それにつけても原画の線のきれいなこと。自分の思ったとおりに手を動かして絵を描けるってすごい才能ですねぇ。


絵を立体化するってのも凄い才能。



アニメの原画や美術を観ていつも思うことは、実写と違って見たままではなく、いかに必要な情報を残して無駄を省くかが見せどころの一つで、絵が巧いというのは、すなわち巧くデフォルメできていることなんだろうと。絵であれば、そういったデフォルメの巧さを楽しみに観たりするんですが、CGだとコンピュータ上で(動きも含め)どうやって巧くデフォルメできるのか、そのあたりも興味が尽きません。
そこまでテクニカルな内容はなかったんですが、エヴァ好きのみならず、アニメ好き、マンガ好きな人達も十分楽しめたんじゃないでしょうか。

展示は今日まで。あと2時間ほどだー。


「あれ?松代だよ、そのお土産」
ってことで、NERVマーク入り八幡屋礒五郎の七味缶もゲット(・∀・)